原井宏明の情報公開
原井のブログ〜やさしい精神科医療の選び方〜 OCDの会(自助グループ)
  • 各地のOCDの会
  • 行動療法ML
  • メーリングリストの案内
    • 医療・心理療法サービス提供者を対象にした,行動療法や動機づけ面接に関するクローズドの登録制メーリングリストを開設しました。参加希望の方は原井まで略歴をメール(haraih アットマーク gmail.com)でご連絡ください。

なごやメンタルクリニック強迫性障害治療プログラム

現在のなごやメンタルクリニックでのOCDやOCDに関連した精神障害に対する治療プログラムを説明しています。 受診する際の判断にお役立てください。

なごやメンタルクリニックにおける診療サービス

診療サービスは以下のように分かれています。

1. 保険診療による初診

内容:20-30分
一般的な精神科医と同様+うつや不安障害などに対するガイダンス,処方,血液検査
今までの病歴などのインテークなどを心理士が行うことがあります。
※遠方からの受診で,当日に治療の指針や課題設定が欲しいという場合は岡嶋心理士の行動療法カウンセリングの50分(10,000円税別)を一緒にお申し込みください。十分な時間をとることで治療の理解が進みご満足いただけるでしょう。

窓口負担費用
健康保険の自己負担分

2. 保険診療による再診

内容:5-10分
一般的な精神科と同じ,薬物療法が中心,維持療法,診断書発行など
心理テストなどを心理士が行うことがあります。(保険内)

窓口負担費用
健康保険の自己負担分

3. 行動療法カウンセリング30分,50分

内容:30分,50分
強迫観念,儀式などについての詳細な評価と解説,治療法の決定
内容は個別に異なります。ターゲット行動の設定,セルフモニタリング指導,治療計画,セッション内エクスポージャーなどを行います。
エクスポージャーの中には,イメージエクスポージャー(最悪のストーリー),内部感覚エクスポージャー,Shame-Attacking exercize(恥さらし訓練)などがあります。
家族が一緒に受診される場合は,代理儀式に対する対処法などの説明を行います。その他,セルフモニタリングのチェックとエクスポージャーへの動機づけ,治療後の再発予防指導を行います。30分と50分では,医師が行うか心理士が行うかの違いと時間と料金の違いで内容はほとんど変わりません。
担当者(原井宏明30分,岡嶋美代50分)
強迫性障害治療プログラムPDF 強迫性障害治療プログラム

窓口負担費用
カウンセリング代 原井宏明(30分)・20,000円(税別),岡嶋美代(50分)・10,000円(税別)

4. 集団教育プログラム

内容:3時間
月に1回土曜日15時〜18時に,集団集中強迫性障害治療プログラムに参加前のオリエンテーションを行います。

窓口負担費用
カウンセリング費15,000円(税別)
中途からの参加,途中退出も可能ですが,料金は変わりません。
家族や同居者が同時に参加することや,本人なしで家族などだけで参加することも可能です。
一人の患者さんに対して請求を行います。複数の家族などが家族教育を受けられた場合も,料金は変わりません。
この集団教育プログラムでは,前の月に集団集中2日間プログラムに参加した患者さんの参加も歓迎しています。その場合,ご家族も含めて参加費は5,000円(税別)です。行動療法の体験談や1カ月の変化について語っていただきます。

5.集団集中3日間プログラム

内容:
朝から夕方まで丸1日を使って集中的に行う行動療法プログラムです。月に1回,行います。強迫性障害や類縁の疾患症状をもつ患者さんに集まっていただき,グループで行います。10人前後が定員です。希望者が多い場合には,次の月に回っていただくことがあります。
強迫性障害の場合,エクスポージャーと儀式妨害を2日間連続で行います。土〜月に行います。土曜日は集団教育プログラムと合同で行います。日・月の昼食は1000円前後で食べられるところへご案内しますので,昼食代を朝からご持参ください。お金を財布に入れ,自分で持ち歩き支払うことや,他人と一緒に食事をすることなどもエクスポージャーの一つになります。

クリニック以外の場所にも出て行き実施することがあります。自宅の聖域を汚すことが恐ろしい患者さんの場合は,自宅訪問を組み込むことがあります。
パンフレットPDF パンフレット
担当者(原井宏明,岡嶋美代)

費用
土日月の3日間で,カウンセリング費は105,000円(税別)です。集団教育を一度受けた方の場合は95,000円(税別)になります。学校や仕事などのため,日のみ,月のみを受けたり,別の月に2回受けることも可能ですが,効果の点では3日間継続することをお勧めいたします。参加される方は,初日に全額をお支払いください。クレジットカードは使用できません。

6. 心理士によるカウンセリング(岡嶋美代 担当)

内容:50分
心理士が担当してカウンセリングを行います。

窓口負担費用
カウンセリング費10,000円(税別)

行動療法カウンセリングを継続している方に対しては,その間,メールによる指導を必要に応じて行います。 これらには追加料金は発生しません。担当は岡嶋心理士が行います。メールのタイトルをお名前にして送信してください。 OCDの会の掲示板,名古屋OCDの会掲示板,原井の情報公開のHPの相談掲示板における相談の利用は無料です。 ただし,これらは匿名掲示板であり,個人を特定したアドバイスはできません。 診断や服薬の指示のような医療行為にかかわる指示を診察なしに行うことは法が禁じています。

予約とキャンセルについて

行動療法カウンセリングを受けるには予約が必要です。
都合によりキャンセルされる場合には,予約日の1週間前までにご連絡ください。

月曜日の予約の場合は,前の週の月曜日までにご連絡ください。
これより後にキャンセルされる場合には半額のキャンセル料がかかります。
交通事情や家族の病気などにより遅れる場合には配慮いたします。その場合も早めにご連絡ください。

治療サービスの選択の仕方

すでに他の医師によって強迫性障害と診断され,行動療法を受けたいと希望される方は,初診時から50分の行動療法カウンセリングを予約してください。
費用の総額は,概算ですが(保険の自己負担分が処方内容などによって変動するため)

保険診療初診30分
※希望があればカウンセリング1回目を初診日に予約可
5千円程度
心理士50分カウンセリング1回目 1万円程度
心理士50分カウンセリング2回目 1万円程度
集団教育 2万円弱
集中外来2日間 10万円程度
フォローアップカウンセリング 50分 1万円程度 
集団教育に治療を受けた先輩として参加 5千円程度
(これが次の月のグループになります)

治療が完結するまでに総額で20万程度掛かることになります。薬物療法を併用している場合は,その後も受診費用と薬代が年余にわたってかかります。薬を使わず,エクスポージャーと儀式妨害のみの場合は,これ以上の費用はかかりません。

もし,最初の費用がハードルが高い,判断に迷うという方は,通常の保険診療による初診だけあるいは50分のカウンセリングのいずれかをお選びください。保険診療の初診では,簡単な診断面接を行い,行動療法を行うか,薬物療法のみにするかを決めることができますし,カウンセリングでは治療計画まで具体的に示すことができます。

Last updated: 12/19/2011
Page Top ▲

Copyright © 2011 原井宏明. All rights reserved.