原井宏明の情報公開
原井のブログ〜やさしい精神科医療の選び方〜 OCDの会(自助グループ)
  • 各地のOCDの会
  • 行動療法ML
  • メーリングリストの案内
    • 医療・心理療法サービス提供者を対象にした,行動療法や動機づけ面接に関するクローズドの登録制メーリングリストを開設しました。参加希望の方は原井まで略歴をメール(haraih アットマーク gmail.com)でご連絡ください。

業績集

単著論文

  • 原井宏明 (1990). "神経症の主張性訓練に関する研究及び治療技術の開発." メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集(2): 175-179.
  • 原井宏明 (1991). "神経症者の社会技術訓練に関する研究." メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集(3): 185-189.
  • 原井宏明 (1992). "恐怖性障害に対する社会技術訓練の研究." メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集(4): 241-245.
  • 原井宏明 (1995). "成人の精神障害の10年 キーワード別文献件数による研究の動向." Behavior Science Research 34(1): 31-36.
  • 原井宏明 (1996). "対人恐怖に対する社会技術訓練 対人場面での注視点の変化." メンタルヘルス岡本記念財団研究助成報告集(8): 113-116.
  • 原井宏明 (1996). "頻発性気分障害に対する病相予防の試み." 九州神精医 42(1): 66-67.
  • 原井宏明 (1997). "アルコール依存症者の局所脳血流量キセノンCTによる測定." 日アルコール・薬物医会誌 [1341-8963] 32(4): 354-355.
  • 原井宏明 (1997). "急速交代型双極性障害に対するセルフモニタリングと薬物自己投与によるそう病再 発予 防の試み." Seishin Igaku 39(8): 843-846.
  • 原井宏明 (1998). "感情障害長期経過多施設共同研究 (厚生省S)." N19982925 厚生省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成9年度 2年 度 班・初年度班: 475.
  • 原井宏明 (1998). "【操作的精神科診断基準における閾値症状数】 社会恐怖及び特定の恐怖症,強迫性障害 の診断." 精神科診断学 8(4): 371-381.
  • 原井宏明 (1999). "エビデンス精神医療手取り足取り 3 エビデンスの検索." 臨床精神医学 28(10): 1285-1291.
  • 原井宏明 (1999). "パニック障害の治験における効果判定について." 九州神精医 45(1): 55-56.
  • 原井宏明 (1999). "強迫性障害の行動療法." 精神療法 25(4): 307-313.
  • 原井宏明 (1999). "諸外国との比較 治療・リハビリテーションに関する文献レビュー (厚生省 S)." N19991849 薬物依存・中毒者のアフターケアに関する研究 平成10年度研究報告 書: 141-145.
  • 原井宏明 (1999). 原井宏明 (1999). "精神科臨床研究の方法 介入研究の方法." 臨床精神医学 28(1): 51-57.
  • 原井宏明 (1999). 原井宏明 (1999). "臨床精神医学の科学性 行動・認知療法の科学性." こころの臨床a・la・carte 18(2): 199-201.
  • 原井宏明 (2000). "うつ病エピソードとライフイベント ライフイベント・ストレスはうつ病の患者の 何か?" 精神科治療学 15(8): 807-813.
  • 原井宏明 (2001). "「精神医学」への手紙 10歳以下の子どもに大うつ病性障害が存在するか 大井論 文を読んで." 精神医学 43(11): 1270-1271.
  • 原井宏明 (2001). "精神療法の今日的課題を考える 短期で戦略的であることとは? 行動療法." こころの臨床ア・ラ・カルト 20(1): 30-34.
  • 原井宏明 (2002). "【これだけは知っておきたい 診療・相談記録の書き方】 様々な治療法における診療・相談記録の書き方 行動療法 行動アセスメントと記録の仕方,そしてPOS." 精神科臨床サービス 2(2): 201-205.
  • 原井宏明 (2002). "強迫性障害のお話." 熊精協会誌(113): 45-55.
  • 原井宏明 (2002). "様々な治療法における診療・相談記録の書き方 行動療法 行動アセスメントと記録の仕方,そしてPOS." 精神科臨床サービス 2(2): 201-205.
  • 原井宏明 (2003). "ベンゾジアゼピン系薬物の漸減・中止 依存に対する認知行動療法と動機付け." ストレス科学(1349-4813) 18(2): 81.
  • 原井宏明 (2004). "【パニック障害臨床研究の最前線】 ベンゾジアゼピン系薬物の漸減・中止 依存に対する認知行動療法と動機付け." ストレス科学(1349-4813) 18(4): 211-220.
  • 原井宏明 (2005). "社会不安障害の診断と治療 治験実施施設における臨床経験より." 分子精神医学(1345-9082) 5(2): 212-214.
  • 原井宏明 (2005). "【精神科臨床サービスの質を高めるために「してはいけないこと」】 臨床技法別「してはいけないこと」 認知行動療法 2つのケーススタディ." 精神科臨床サービス 5(3): 351-356.
  • 原井宏明 (2006). "プライマリケアにおける認知行動療法とうつ." 心身医学(0385-0307) 46(11): 995-996.
  • 原井宏明. (2006). "臨床医による新薬の評価 マレイン酸フルボキサミン." クリニカルプラクティス 25(3): 223-225.
  • 原井宏明 (2007). "佐藤寛発表へのコメントと議論の概要." 行動療法研究 33(2): 205.
  • 原井宏明 (2007). "社会不安障害の薬物療法 ―臨床試験と一般臨床の違い・認知行動療法との併用―." 臨床精神医学 36(12): 124-138.
  • 原井宏明 (2007). "処方薬依存からの離脱と注意点." 日本医事新報(4366): 85.
  • 原井宏明 (2007). "知っておきたい頻用薬の上手な使い方 抗不安薬・催眠鎮静薬 短中時間型、抗不安作用." 日本医事新報(4357): 41-45.
  • 原井宏明 (2007). "知っておきたい頻用薬の上手な使い方 抗不安薬・催眠鎮静薬 長時間型、問題使用への対応." 日本医事新報(4359): 41-45.
  • 原井宏明 (2007). "知っておきたい頻用薬の上手な使い方 超短時間型抗不安薬・催眠鎮静薬." 日本医事新報(4355): 43-47.
  • 原井宏明 (2007). "不快な情動に対する認知行動療法 -不安とうつに共通するものと異なるもの,そして治療-." 分子精神医学(1345-9082) 7(4): 96-97.
  • 原井宏明 (2007). "不快な情動に対する認知行動療法 不安とうつに共通するものと異なるもの、そして治療." 分子精神医学 7(4): 412-413.
  • 原井宏明 (2008). 原井宏明 (2008). "治験責任医師の仕事から学んだこと:プラセボ反応と臨床家のバイアス." 行動科学 46(2): 3-12.
  • 原井宏明 (2008). "精神科領域での臨床研究:向精神薬の薬効評価研究・治験 企画の意図." 行動科学 46(2): 1-2.

筆頭著者が原井の共著

  • 原井宏明, 花谷弘子, et al. (2003). "国立療養所菊池病院での受託研究における患者満足度調査." 医療(0021-1699) 57(増刊): 121.
  • 原井宏明 and 外1名 (1990). "空間恐怖を伴う恐慌性障害に対する段階的in vivo Exposureの効果." Pschiat Neurol Jap 92(12): 922.
  • 原井宏明 and 外3名 (1992). "アルコール依存症者に対する社会技術訓練の試み." 九州神精医 38(1): 76.
  • 原井宏明, 吉田顕二, et al. (2004). "社会恐怖(社会不安性障害)に対するフルボキサミンの効果." 九州神経精神医学(0023-6144) 50(1): 59.
  • 原井宏明, 吉田顕二, et al. (2003). "【社会不安障害(SAD)の薬物療法】 社会不安障害の薬物療法のエビデンス." 臨床精神薬理(1343-3474) 6(10): 1303-1308.
  • 原井宏明, 西山浩介, et al. (2002). "覚せい剤依存に対する外来治療プログラム." 九州神経精神医学(0023-6144) 48(3〜4): 206-207.
  • 原井宏明, 村上優, et al. (1997). "気分障害とアルコール症(その3) アルコール症を合併した患者の転帰." W3544 厚生省精・神疾患研8年度研報 感情障害の経過型からみた成因解明と治療 法の開発研究: 5-8.
  • 原井宏明, 村上優, et al. (1997). "気分障害とアルコール症その3 アルコール症を合併した患者の転帰 (厚生省 S)." 感情障害の経過型からみた成因解明と治療法の開発研究 平成8年度研究報告書: 5-8.
  • 原井宏明 and 他 (1997). "感情障害長期経過多施設共同研究 精神科初診患者と病院職員の社会適応." Pschiat Neurol Jap 99(12): 1185.
  • 原井宏明, 尾澤敬一郎, et al. (2007). "菊池病院における治験実施状況と被験者の意識." 九州神経精神医学 53(1): 102-103.

  • 原井宏明 (1994). 社会技術訓練
    精神科MOOKアルコール依存症の治療. 中沢洋一. 東京, 金原出版: 58-64.
  • 原井宏明 (1998). Evidence-based Medicineについて
    歯科評論別冊「症例から学ぶ心身医学的アプローチ」. 和気裕之 and 宮岡等. 東京, 日本歯科評論社: 192-195.
  • 原井宏明 (1998). ハビット・リバーサル
    心理学事典. 中島義明. 東京, 有斐閣: 698.
  • 原井宏明 (1998). 強迫性障害
    心理学事典. 中島義明. 東京, 有斐閣: 188.
  • 原井宏明 (1998). 広場恐怖を含む恐慌性障害と強迫性障害、恐怖症性障害. エビデンス精神科医療−実証的証拠に基づく精神疾患の治療指針T気分・不安・人格の障害. 大塚俊男, 風祭元, 北村俊則et al. 東京, 日本評論社: 137-178.
  • 原井宏明 (1999). フルボキサミンの使用経験 双極性障害と強迫性障害をもつ女性
    うつ病・強迫性障害治療における私の処方-SSRIを中心に-. 大阪, 診療新社.
  • 原井宏明 (2000). Evidence Based Medicine,解離性障害,気分障害(うつ病性障害・双極性障害・気分変調性障害),強迫性障害,身体表現性障害,. 人格障害,精神医学,精神病院・総合病院精神科・精神科外来クリニック,精神分裂病および関連する精神病性障害,精神薬理学・行動薬理学,全般性不安障害,対人関係療法:IPT,物質関連障害(依存症・中毒),臨床心理学キーワード. 坂野雄二. 東京, 有斐閣
  • 原井宏明 (2000). 社会恐怖の認知行動療法
    人はなぜ人を恐れるか. 坂野雄二 and 不安・抑うつ臨床研究会. 東京, 日本評論社: 85-98.
  • 原井宏明 (2002). 総括コメント パニック障害の精神病理
    パニック障害の精神病理学. 貝谷久宣. 東京, 日本評論社: 145-148.
  • 原井宏明 (2002). 慢性の経過をとる患者に対する精神医学的マネージメント
    パニック障害治療のストラテジー. 上島,中根編. 東京, 先端医学社: 154-164.
  • 原井宏明 (2005). 終章 非対面心理療法の展望. 非対面心理療法の基礎と実際―インターネット時代のカウンセリング. 岩本隆茂 and 木津明彦. 東京, 培風館: 229-241.
  • 原井宏明 (2005). 非対面心理療法の方法論. 非対面心理療法の基礎と実際―インターネット時代のカウンセリング. 岩本隆茂 and 木津明彦. 東京, 培風館: 23-36.
  • 原井宏明 (2006). パニック障害と医療経済 -経済学はパニック障害の治療に使える?-. 新しい診断と治療のABC40 パニック障害. 竹内龍雄. 東京, 最新医学社: 237-249.
  • 原井宏明 (2006). 社会恐怖/社会不安障害. 不安障害の臨床心理学. 丹. 坂野雄二., 杉浦義典. 東京, 東京大学学出版会: 55-74.
  • 原井宏明 (2006). 第3章 依存症における動機づけ面接ワークショップ. アディクション・カウンセラー養成講座. 西田隆男. 東京, 東京ダルク支援センター: 28-93.
  • 原井宏明 (2006). 第15章 動機づけ面接とACT 〜MI ACTing? 私はACTしているのか?. アクセプタンス&コミットメントセラピーの文脈. 武藤崇. 東京, ブレーン出版: 289-310.
  • 原井宏明 and 岡嶋美代 (印刷中). エクスポージャー療法. 認知行動療法の技法と臨床. 内山喜久雄 and 坂野雄二. 東京, 日本評論社.
  • 原井宏明, 高松淳一, et al. (1992). 森田療法と行動療法 一部分から全体へ
    森田療法を越えて. 内村英幸. 東京, 金剛出版: 249-268.
  • 原井宏明, 佐々木淳, et al. (2005). SADの診断. SSRIとSAD. 上島国利. 東京, ライフサイエンス. 7: 31-40.
  • 原井宏明, 山本育代, et al. (2004). パニック関連障害 PDSS,自記式尺度. ストレス疾患ナビゲーター. 樋口輝彦, 久保木富房, 中村純 and 山脇成人. 東京, メディカルレビュー社. 108-109.
  • 原井宏明 and 毛利伊吹 (2005). 社会不安障害の社会的コストへの影響. 社会不安障害治療のストラテジー. 小山司. 東京, 先端医学社: 27-33.
  • 原井宏明. (2005). 症例4 教室で顔を上げられない 親に理由を明かさず受診する高校2年生. SSRIとSAD. 上島国利. 東京, ライフサイエンス. 7: 91-95.
  • Harai, H., Okajima, Miyo (2007). Termination with Japanese Clients. A Clinician’s Guide to the Theory and Practice of Termination in Psychotherapy. W. O'Donohue, Cucciare, Michael A. New York, Routledge.

翻訳

  • DuPont, L. R., DuPont, C. M., Rice, D. P. (2002). . The American Psychiatric Publishing Textbook of Anxiety Disorders. D. J. Stein, Hollander, E. Washington. D.C., American Psychiatric Publishing. 不安障害,17章,35〜37章 樋口 輝彦 (翻訳), 久保木富房 (翻訳), 貝谷 久宣 (翻訳), 坂野 雄二 (翻訳), 野村 忍 (翻訳), 不安抑うつ臨床研究会 (翻訳), ダン・J.スタイン, エリック・ホランダー 日本評論社.
  • Hays, S., C. (2005). Get out of your mind into your life. Oakland, New Harbringer. 〈あなた〉の人生をはじめるためのワークブック―「こころ」との新しいつきあい方アクセプタンス&コミットメント (単行本) S.C.ヘイズ (著), S.スミス (著), 武藤 崇, 原井 宏明, 吉岡 昌子, 岡嶋 美代  ブレーン出版 2008

筆頭著者が原井以外のもの

  • Furukawa, T. A., A. Fujita, et al. (2007). "Definitions of recovery and outcomes of major depression: results from a 10-year follow-up." Acta Psychiatr Scand.
  • Kobayashi, O., T. Matsumoto, et al. (2007). "[A preliminary study on outpatient relapse prevention program for methamphetamine dependent patients: Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program (SMARPP)]." Nihon Arukoru Yakubutsu Igakkai Zasshi 42(5): 507-21.
  • Sakurai, A., T. Nagata, et al. (2005). "Is "relationship fear" unique to Japan? Symptom factors and patient clusters of social anxiety disorder among the Japanese clinical population." J Affect Disord 87(1): 131-7.
  • Suzuki, Y., A. Sakurai, et al. (2003). "Reliability, validity and standardization of the Japanese version of the Social Adjustment Scale-Self Report." Psychiatry Clin Neurosci 57(4): 441-6.
  • 岡嶋美代, 橋本加代, et al. (2007). "【強迫の診立てと治療】 強迫性障害の治療アウトカム." 精神科治療学 22(5): 509-516.
  • 岡嶋美代, 橋本加代, et al. (2007). "強迫性障害の治療アウトカム." 精神科治療学 22(5): 509-516.
  • 岡嶋美代 and 原井宏明 (2007). "注射恐怖の重症例に対するエクスポージャーとApplied Tension." 行動療法研究 33(2): 171-183.
  • 吉田顕二, 原井宏明, et al. (2004). "社会恐怖患者の検討." 九州神経精神医学(0023-6144) 50(1): 58.
  • 吉田顕二, 天野浩一朗, et al. (2005). "重症心身障害児(者)におけるてんかんの長期予後." 九州神経精神医学(0023-6144) 51(1): 74.
  • 吉田顕二, 木下裕一郎, et al. (2003). "社会恐怖患者の検討." 精神神経学雑誌(0033-2658) 105(12): 1511.
  • 境小緒里 and 原井宏明 (2004). "児童思春期の強迫性障害." 九州神経精神医学(0023-6144) 50(1): 60-61.
  • 熊野宏昭, 木村穣, et al. (2007). "内科医に求められる認知行動療法・メンタルヘルスの基礎知識とは?." medicina 44(11): 2130-2139.桜井昭夫, 永田利彦, et al. (2004). "日本における社会不安障害について Social Interaction Anxiety ScaleとSocial Phobia Scaleによる症状因子と患者のクラスター分析." 精神神経学雑誌(0033-2658) 106(11): 1528.
  • 山口日出彦, 原井宏明, et al. (2002). "菊池郡市の高校生の食行動異常調査(第3報)." 九州神経精神医学(0023-6144) 48(3〜4): 212.
  • 山口祐子, 山口日出彦, et al. (2007). "高校生における抑うつ傾向・うつ病有病率について 3年連続の調査、不安、食行動との関連性." 日本児童青年精神医学会総会抄録集 48回: 241.
  • 小林桜児, 松本俊彦, et al. (2007). "覚せい剤依存患者に対する外来再発予防プログラムの開発 Serigaya Methamphetamine Relapse Prevention Program(SMARPP)." 日本アルコール・薬物医学会雑誌 42(5): 507-521.
  • 上野耕揮, 天野浩一朗, et al. (2003). "知的障害,てんかん発作,精神症状を呈した異所性灰白質の1例." 九州神経精神医学(0023-6144) 49(3〜4): 177-183.
  • 上野耕揮, 天野浩一朗, et al. (2004). "知的障害,てんかん発作,精神症状を呈した異所性灰白質の1例." 九州神経精神医学(0023-6144) 50(1): 68.
  • 植木啓文, 林美朗, et al. (2002). "大うつ病は内因性と非内因性に分類可能か." 精神科診断学(0915-7301) 13(1): 91.
  • 西山浩介, 木下裕一郎, et al. (2002). "菊池病院での治療実施状況報告 アンケート及び聞き取り調査より." 九州神経精神医学(0023-6144) 48(3〜4): 209-210.
  • 天野浩一朗, 境小緒里, et al. (2004). "重症心身障害児(者)におけるてんかん発作の経過について." 九州神経精神医学(0023-6144) 50(3〜4): 185-189.
  • 天野浩一朗, 桂木正一, et al. (2006). "Clorazepate dipotassiumの抗てんかん効果の長期持続性." 九州神経精神医学 52(3-4): 201.
  • 天野浩一朗, 御手洗博, et al. (2005). "軽度認知障害とアルツハイマー型痴呆における定量脳波学的検討(第1報)." 臨床神経生理学(1345-7101) 33(5): 439.
  • 天野浩一朗, 山口日出彦, et al. (2004). "知的障害,てんかん発作,精神症状を呈した異所性灰白質の1例." てんかん研究(0912-0890) 22(1): 44.
  • 天野浩一朗, 大沢圭二, et al. (2003). "Fluvoxamineを追加投与後に悪性症候群を呈した統合失調症の1例." 九州神経精神医学(0023-6144) 49(2): 103-107.
  • Takeuchi T. Nakagawa A. Harai H. Nakatani E. Fujikawa S. Yoshizato C. Yamagami T. Primary obsessional slowness: long-term findings. Behaviour Research & Therapy. 35(5):445-9, 1997 May.
  • Kondo A. Baba S. Iwaki T. Harai H. Koga H. Kimura T. Takamatsu J. Hyperbaric oxygenation prevents delayed neuronal death following transient ischaemia in the gerbil hippocampus. Neuropathology & Applied Neurobiology. 22(4):350-60, 1996 Aug.
  • 中島勝秀,原井宏明:Self - exposure法に抗不安薬を併用した空間恐怖症の2例,九州神経精神医学,37:114‐120,1991
  • 中川彰子, 中島勝秀, 川口弘剛, 小嶋明子,原井宏明:強迫神経症の予後予測因子について,九州神経精神医学,37:43-48,1991
  • 大田卓生,橋口庸,松本孝,原井宏明:国立肥前療養所(精神科)におけるてんかん治療の現況について,九神精医,34:41-47,1988
  • 黒木俊秀, 尾篭晃司 上山健一, 亀井健二松島道人 古郷博 松本茂幸 取違慎一原井宏明:塩酸トラゾドンの抗うつ効果の特徴についての検討,九州神経精神医学,41:134-142,1995
  • 大田卓生,中川光幸,木村繁子,原井宏明,平野誠:室内作業療法再考-ある精神科病棟における治療的意義について-,九神精医,38:166-173,1992
  • 中島勝秀,原井宏明,川口弘剛,免田賢,山上敏子:対人場面における眼球運動の研究.精神医学.33:275-281.1991
  • 古川壽亮, 原井宏明, et al. (1999). 感情障害長期経過多施設共同研究
    厚生省精神・神経疾患研究10年度研究報告書感情障害の成因解明,治療法の標準化 及び治療反応性の予測因子に関する研究: 63-66.
  • 古川壽亮, 竹内浩, et al. (2000). 感情障害の薬物治療のガイドライン研究 感情障害長期経過多施設共同研究
    厚生省精神・神経疾患研究委託費による11年度研究報告集: 404.
  • 松岡弘修 and 原井宏明. (2005). 抗精神病薬の使い方. 精神科臨床ニューアプローチ4 統合失調症と類縁疾患. 上島国利. 東京, Medical View: 76-83.
  • 松岡弘修 and 原井宏明. (2005). 新規抗精神病薬の導入による臨床の変化. 精神科臨床ニューアプローチ4 統合失調症と類縁疾患. 上島国利. 東京, Medical View: 69-76.
  • 弟子丸元紀, 原井宏明, et al. (2000). 摂食障害の治療状況,予後等に関する調査研究 中学・高校での摂食障害の状況(ア ンケート調査)と生徒指導プログラム作成と教育指導の試行
    厚生省精神・神経疾患研究委託費による11年度研究報告集: 451.
  • 野口由香, 原井宏明, et al. (2006). 行動療法1 エクスポージャーと儀式妨害. 強迫性障害治療ハンドブック. 原田誠一. 東京, 金剛出版: 140-55.

報告書など

最近の学会発表抄録

  • 田中裕之,原井宏明他:菊池アディクション外来集中治療プログラム沖縄抄録,2002.3.1
  • 原井宏明:Self Control Program for Patients With Recurrent Mood Disorders,World Congress of Behavioral and Cognitive Therapies,Acapulco Mexico,1998.7.25
  • 原井宏明:うつ病患者のストレス対処行動は1年後転帰を予測するか感情障害長期経過追跡多施設共同研究,第24回日本行動療法学会,東京,1998.11.27
  • 原井宏明:パニック障害の治験における効果判定について,九州精神神経学会,熊本市,1998.11.19
  • 原井宏明:双極性障害II型の女性症例に対する行動療法,行動療法コロキウム‘98 イン 函館,1998.9.2

Last updated: 12/19/2010 14:08:04
Page Top ▲

Copyright © 2011 原井宏明. All rights reserved.