草稿 私の治療(23) 精神疾患 強迫症(強迫性障害) 日本医事新報 2019 掲載予定

強迫症(強迫性障害) 小児・成人 疾患の概要 疾患メモ 強迫症(強迫性障害、OCD)は強迫観念と強迫儀式(行為)によって特徴づけられる。強迫観念とは反復的かつ持続的で,患者自身の意思に反して侵入的に生じる思考や衝動,イメ … 続きを読む

2019/8/23~25 強迫症3日間集団集中治療のお知らせ

強迫症(強迫性障害)、社交不安症の方を対象にした3日間集団集中治療を2019年8月23日(金)から25日(日)に行います。 集団集中治療に参加するためには、事前に原井クリニックまたはBTCセンターにて行動療法カウンセリン … 続きを読む

原井・金田 2019 現代の不安の理解とその介入方法 行動理論の立場から  草稿

はじめに メンタルクリニックを訪れる患者の訴えの中でも「不安」は最も多いもののひとつである。不安は現代的なものでもある。不安は日常的なものである。大辞林(三省堂)では不安とは、 気がかりなこと。心配なこと。これから起こる … 続きを読む

2001精神療法の今日的課題を考える 短期で戦略的であることとは? 行動療法

原井宏明. 精神療法の今日的課題を考える 短期で戦略的であることとは? 行動療法. こころの臨床ア・ラ・カルト. vol. 20, no. 1, p. 30–34.2001 あなたはこの小論に何を期待しますか? このペー … 続きを読む

神経症の主張性訓練に関する研究及び治療技術の開発. 岡本財団研究助成報告集. vol. 2, p. 175–179.1989

原井宏明. 神経症の主張性訓練に関する研究及び治療技術の開発. 岡本財団研究助成報告集. vol. 2, p. 175–179.1989 平成2年5月31日 研 究 報 告 書 所属機関 国立肥前療養所 所在地 佐賀県神 … 続きを読む

OCD患者さん治療感想文:曖昧なことを許す修行 スピッツさん(20代女性、曖昧さ恐怖・確認儀式)

3日間集団集中治療(3DI)に参加された患者さんから感想文を送っていただけました。許可を得てこちらに掲載します。OCDの会が出している患者感想文集「とらわれからの自由」の11号にも掲載する予定です。 今年の3月が初診、5 … 続きを読む

2019年6月22,23日 動機づけ面接2日間ワークショップ MI鹿児島勉強会

動機づけ面接を一言でいうとしたら、人を変えるための面接法ということになるでしょう。ここで置き去りにされがちな大事な事実は、他人を変えることは自分も変わるということです。対人援助職として動機づけ面接をしながら、変わるのはク … 続きを読む

2019/6/14~16 強迫症3日間集団集中治療のお知らせ

強迫症(強迫性障害)、社交不安症の方を対象にした3日間集団集中治療を2019年6月14日(金)から16日(日)に行います。 集団集中治療に参加するためには、事前に原井クリニックまたはBTCセンターにて行動療法カウンセリン … 続きを読む

強迫症の寛解を目指した治療と維持療法、治療終結 草稿 臨床精神薬理学2019

抄録 強迫症の患者が初診したら、どう治療を始めるべきかについての知識は治療ガイドラインなどによって広く知られるようになった。一方、長期間治療を継続している患者に対してそのまま継続するか、薬を減らすのか、やめるのか、さらな … 続きを読む

認知行動療法事典:介入技法 動機づけ面接(草稿)

動機づけ面接(Motivational Interviewing;MI)はアルコール依存症に対する行動療法のRCTを行っていた米国のWilliam R. Millerが見出したものである。RCT自体は失敗に終わった。コン … 続きを読む