2019/6/14~16 強迫症3日間集団集中治療のお知らせ

強迫症(強迫性障害)、社交不安症の方を対象にした3日間集団集中治療を2019年6月14日(金)から16日(日)に行います。 集団集中治療に参加するためには、事前に原井クリニックまたはBTCセンターにて行動療法カウンセリン … 続きを読む

強迫症の寛解を目指した治療と維持療法、治療終結 草稿 臨床精神薬理学2019

抄録 強迫症の患者が初診したら、どう治療を始めるべきかについての知識は治療ガイドラインなどによって広く知られるようになった。一方、長期間治療を継続している患者に対してそのまま継続するか、薬を減らすのか、やめるのか、さらな … 続きを読む

認知行動療法事典:介入技法 CRAとCRAFT(草稿)

CRA(Community Reinforcement Approach、コミュニティ強化アプローチ)は対象者の生活全体の環境調整を系統的に行うことで問題行動の弱化と他行動の強化を達成することである。CRAFT(Comm … 続きを読む

認知行動療法事典:介入技法 動機づけ面接(草稿)

動機づけ面接(Motivational Interviewing;MI)はアルコール依存症に対する行動療法のRCTを行っていた米国のWilliam R. Millerが見出したものである。RCT自体は失敗に終わった。コン … 続きを読む

2019/5/17~19 強迫症3日間集団集中治療のお知らせ

強迫症(強迫性障害)、社交不安症の方を対象にした3日間集団集中治療を2019年5月17日(金)から19日(日)に行います。 集団集中治療に参加するためには、事前にBTCセンターまたは原井クリニックにて行動療法カウンセリン … 続きを読む

RA患者指導に活かす「動機づけ面接」日本リウマチ学会総会ランチョンセミナー 17 2019年4月16日

ランチョンセミナー 174月16日(火) 12:30~13:30 国立京都国際会館 1階 第4会場 Room E 座長:川村 智行 大阪市立大学大学院発達小児医学教室 演題:RA患者と医療者の間をつなぐ動機づけ面接 ~押 … 続きを読む

京橋行動療法研究会 論文抄読会のお知らせ 4月2日から毎週火曜日朝9時から30分間 

4月から新年度が始まるにあたり、症例検討会とは別に基本的な学習心理学・行動主義心理学の論文・教科書・デモビデオなどを勉強する会を開催することにしました。 William T. O’Donohue 1998 L … 続きを読む

2014年11月 ケーススタディCS-7「妄想性パーソナリティー障害に対する行動療法」日本認知・行動療法学会第40回大会抄録集p78-79

【はじめに】一般にパーソナリティー障害は外来患者の20%程度を占めるとされている。広汎性発達障害も含めれば対人関係の取り方に永続的な問題があり、それが他の精神障害の要因になったり、生活の障害の直接原因になったりする場合は … 続きを読む

2019/4/19~21 強迫症3日間集団集中治療のお知らせ

強迫症(強迫性障害)、社交不安症の方を対象にした3日間集団集中治療を2019年4月19日(金)から21日(日)に行います。 集団集中治療に参加するためには、事前にBTCセンターまたは原井クリニックにて行動療法カウンセリン … 続きを読む