研究・訓練

研究と訓練

常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う   アインシュタイン

自分についての記憶があるころから、何かにつけて疑うほうでした。小学生のころは自分のことを「内気」「自閉気味」、中学生では「へそ曲がり」、英語がわかるようになると”noncomformist”、研修医になってからは”loner”と思うようになっていました。周りが当然・常識とみなしていることを、そうは思えず自分で調べることからスタートすることが昔からの癖になっているようです。それが研究心につながるのでしょう。一方、後半生を生きる今の私は、当然・常識を作る側に立っています。もし私が自分の今までを正しいと思うなら、自らが疑われることを進んで引き受け、それが自分も相手も変わるような動機づけに変えていくことが必要になります。

たとえどんなに良い情報であっても、それをHPで提示するだけでは対人援助職の日常行動までは変わりません。情報を受け取るだけでは疑いを相手に伝え、お互いに変わっていくプロセスは生じないからです。筋書きのないコミュニケーションが必要です。さらに具体的なケースをもとにしたスーパービジョンがあると良いでしょう。

原井は2種類のコンサルテーションを引き受けています。医師や心理療法士,ケースワーカーなどのメンタルヘルス領域で医療サービスを提供することを生業としている方を対象に,気分障害・パニック障害・強迫性障害・物質使用障害がある症例について,診断や治療方法などについての相談を受け付けます。私は,行動療法,認知行動療法,動機づけ面接を専門としています。この方面の相談を歓迎します。

注:これは当事者(患者や家族)からの相談をメールや電話で行うものではありません。

個人スーパービジョン

  • 1回のみの相談(メールや電話,論文のチェックや報告書作成も含む) 10,000円ケースや治療技術の相談(ケースの数や相談回数については上限なし 期間は半年間) 100,000円(長期継続の方については交渉を申し受けます)
  • JAMIによるMI技能検定に必要なスーパービジョン,音声録音・逐語に基づく評価とコーチングなど
  • 研究論文スーパービジョン
    学会発表の場合(相談回数について上限なし 期間は3ヶ月以内) 25,000円
    論文の相談(相談回数について上限なし 期間は半年以内) 50,000円

講演会・研修会講師

  • 講演会やワークショップ 50,000円(1時間あたり)
    ※たとえば,半日(3時間,休憩は除く)の場合は15万円
    ただし午前・午後の一日(合計6時間,休憩は除く)は20万円
    2日(合計12時間,休憩は除く)は30万円,旅費・宿泊費・経費は別
    ※公共団体などで料金が固定されている場合は依頼者の都合に合わせる場合があります。
  • 3DI:3日間集団集中治療プログラムのオブザーバー参加
    ◆医師の場合 35,000円(金土日3日間連続,土日2日間も同額)
    ◆医師以外の援助職の場合 25,000円(同上)
    集団集中治療プロラムの参加は,特に初回の場合,3日間連続で最初から最後まで参加されることを原則にしています。 数回目以降の場合は,2日だけ,1日だけの場合の参加も認めますので,ご相談下さい。
    通常の診察,カウンセリングの陪席(原井または岡嶋心理士)
    ◆医師の場合 25,000円(1~半日,時間にかかわらず同額)
    ◆医師以外の援助職の場合 20,000円(同上)

注:訪問やケース検討会への参加,資料作成などに伴う旅費・経費は別途申し受けます。

相談された内容について,相談内容の著作権は原井に存在します。相談内容を著作物などとして公開する場合には,相談者に相談することを原則とします。逆に,相談者が,原井からのコメントについて著作物などとして公開される場合は事前に原井にご相談くださるようお願いします。

改訂履歴 2018/12/02 金額改定